業務(?!)日誌

「ホームページを更新するまでではないけれど…」な小さな情報を日記形式で綴ります。

ブログ一覧

女性技術者が挑む真冬の太平洋マルチビーム

(元請さんの掲載許可を頂きましたので初めて?の業務日誌です。)

 

三次元チームの女性技術者と真冬の太平洋へ。

朝6時、外気温マイナス5℃。そよ風が痛い程。

さらに水面凍ってる。海だよね?

そんな初めての氷割り艤装。

昼前から荒れる予報なので急ピッチで作業をすすめ、

時折吹雪に邪魔されながらも予定通り艤装完了。


元請さん、船長さんも到着し、いざ出航です。

しかしすぐに結構な揺れ。まだ港内なのにうねり入ってます。

計測エリアは外洋。波浪で計測精度は多少下がりますが三次元モーションセンサーと

操船技術で今回の目的は十分に達成できる。ただ船酔だけは・・・

港内を出ると予想通りの波。

なんか内臓がモヤモヤしてきたので元請さんや船長さんと話して紛らします。

しかし女性技術者は笑顔。しかもパソコン操作しながら。頼もしすぎます!

 

マルチビーム計測は陸上の測量とは緊張感が違います。

計測機器はソナー、GNSS、動揺センサー、音速度計等で構成され

ケーブルや艤装冶具を含めると車1台程にもなります。

そのどれかに不具合でも起きたら出航できません。

トラブルで、もたもたしているうちに波が高くなるなんてよくある話です。

機器管理、体調管理、操船技術、計測技術、そして判断力。

この仕事、すべてがうまくいけば達成感はすこぶる高い。

 

自信と不安・・・そして任務完了。

女性技術者も安堵の笑顔。

寄港と同時に町内放送「暴風雪警報が・・・」

そして帰りはご褒美のラーメン。

そんな女性技術者の1日でした。

2018年02月17日

山形の友人と

東日本大震災以来、何度となく一緒に現場を乗り越えてきた仲間。

どんなに忙しくても遠く山形から駆けつけてくれ、いろいろなことを教わってきました。

そのおかげで今があります。

忙しい年度末。こちらのわがままで前日電話してこれから行くよと。

お互いの技術を確認し、既存の業務を超えてどんどん攻めていこうと。

そしてちょっとは恩返ししていきたいなと。

話に夢中で焼き魚がカピカピになったり・・・未来を語れるっていいですね。

朝起きたら大雪にびっくりな山形でした。

2018年02月07日

測量船の測量で広島へ

昨年末からソナーメーカーの方々と3度にわたり広島の因島~尾道へ。

測量船の測量とは、測量船に設置された船底ソナーと船内、甲板のセンサーの位置関係を測るというもの。ただし船体やセンサーの傾きから測量データを補正する必要があり、とてもシビアです。

11月下旬の1隻目は大型測量船「昭洋」、2隻目は1月中旬に「拓洋」、そして2月は新造の小型測量船。造船所内撮影禁止で写真を掲載できないのが残念ですが、目の前で見る大型船は大迫力。まるで「宇宙戦艦ヤマト」です。

ひょんなことから始まった話。お世話になっているメーカーさんのおかげで貴重な経験でした。ほんと宿の手配から作業手続き、そして地元の美味し~いお店までありがとうございました。

次は大分でお会いしましょうね。(関サバ・関アジ楽しみだな~)

 

2018年02月04日

弘前大学学会発表報告会など

弘前大学と取り組んでいる「三次元データを活用した地震被害想定GIS」と「屏風山3Dプロジェクト」の打合せ&報告会。

 

地震被害想定GISは、MMSから取得した画像および座標から建物の年代および形状を取得し、よりリアルな被害状況を分析していこうというもの。特にMMSから取得した億単位の座標をGISで表示、解析するというチャレンジ。GISベンダーと3者が知恵を出し合って現在進行中。


屏風山3Dプロジェクトは、垂直に切り立った海岸断崖をフィールドに海面変動経緯や侵食変異を”見える化"するというもの。今年は侵食で露わになった地層面から堆積物を調査し何世紀にもわたる海面変動の歴史的特徴を発表。侵食変異は今年、来年の3D地形データを比較予定。我々が工事iConで行っている垂直方向の差分解析じゃ出来ないとこがチャレンジ。

そして夜の部は現状、そして将来にむけて新たなプロジェクト、そして「カテーテル」な話とか。

教授と院生、土木技術者、GIS開発者と違う人生を歩んでいる者同士。

何かをしたい!があれば、立場や年は関係ないですね。

今宵、弘前の美味しい食事とお酒で夢や希望を語ってきましたとさ。

 

2018年01月11日

実験林レーザー計測

林業研究所の方と、森林内のレーザー計測の実証実験。

従来一本毎に樹径/樹高を計測し材積を出していたものが、専用の計測機を使用することで森林内の3次元マップを作成し、材積まで求められるという優れもの。
枝葉が多いと木の頂点が曖昧になりそうな気もしますが、適度に枝が掃われていると、結構正確な値が出そうです。

一本毎に計測した場合との誤差が少なければ、材積算出の大幅な効率化が期待できます。

 

2017年11月17日
» 続きを読む